• ホーム
  • 最も深刻な感染症は性病です

最も深刻な感染症は性病です

目に見えないウイルスや細菌などの病原体が世の中にはたくさんあり、いつどのタイミングで感染してしまうのかがわかりません。
感染症の感染源は様々で、人から人・動物や昆虫から人に感染するもの、傷口から・食べ物からの感染など、大まかに分けただけでも沢山あります。
感染源の特定がなかなかできない新しいウイルスも出てきますので、日々の生活の中で、マスクや手洗い、衣類の洗濯などできる限りの予防が必要となります。
また、仕事の疲れやストレスからも、普段ならかからない病原体に侵されることもありますので、睡眠や休養をよくとるという自己管理でも、ある程度の感染防御が可能です。

身近でよく耳にするのが、新型インフルエンザですが、高熱が出てかなりの体調不良を訴えます。
これにかかると仕事を休んだり外出を控えて、人との接触を控えないといけません。

症状が重いと入院ということになってしまいます。
感染源はいくつも上げられますが、予防法は一定しており、室内で過ごす時は適度な室温や湿度を保つことで、予防となります。

生活していると、他の人や物に接触しないわけにはいきませんので、感染しにくい身体を作っていけるように、自分でも心掛けていくことが大切ですね。

しかし、最も深刻な感染症は性病です。
性病はなかなか他の人に相談することができない病気です。
しかし、最近この性病が増加傾向にあります。
特に若い人たちの間では、たくさんの人と性行為をすることによって、知らないうちに性病に感染してしまっていると言うことも多くあるようです。

その中で特に症状に気がつきにくい病気として、性器ヘルペスがあります。
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスに感染することにより発症します。
しかし、全ての人にその症状が現れると言うことではありません。
体力が落ちている人や抵抗力がない人は、特に発症しやすくなっています。

その症状としては、性器に小さな水疱ができます。
ひどくなるとその水疱が破れて中から膿が出てくることもあります。
このような症状になる前に、適切な治療が必要です。

関連記事