• ホーム
  • バルトレックスの副作用で出現する単純性紫斑病

バルトレックスの副作用で出現する単純性紫斑病

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える薬品としてしられています。
具体的には、単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペスなどの治療に有効と言われています。

バルトレックスを国内で入手するには、医師による処方が基本です。
但し、個人輸入代行業者などを使って海外から薬品を輸入すれば、処方無しでも可能になります。
この際、正しいバルトレックスの服用しなければ、副作用を引き起こすことがあります。

単純性紫斑病はその一つです。
人間の体は強い衝撃を受けると、皮膚に出血が起こり紫色の痣が出現しますが、何をしていなくても又僅かな打撲でもアザができる事もあります。
これを単純性紫斑病と言います。
単純性紫斑病の原因は不明です。

しかし、毛細血管の異常が原因ではないかと言う説もあります。
毛細血管の周りの壁は組織と栄養素や老廃物とやり取りする為に、孔が無数に開いています。
また血液が過剰漏洩しないように複雑な形成となっており、そこから原因を特定するのは困難です。
単純性紫斑病は若い女性に多く出現するのですが、食物、薬剤、虫刺され等があった時、アレルギー反応が起こり皮下出血を出現させるケースが多々みられます。
バルトレックスを服用してアザがたくさんできた場合は、薬剤アレルギーに起因する単純性紫斑病の可能性が大です。
従って、最適な処置は服用をすぐに止めることです。

また、単純性紫斑病の予防には偏食の改善も効果的と言われています。
ビタミンCが豊富な野菜や果物、中でもプルーンが効果的との説もあります。
プルーンの栄養分析データでは、ビタミンやミネラルが多く鉄分やカリウム、カルシウムなど食べ物からなかなか吸収されにくい栄養素を多く含んでいます。

バルトレックスを使用して単純性紫斑病が出た方、または何度も再発してしまう場合は、他の症状の可能性があります。
性感染病を心配されている方は、迅速に医師の診断を受ける様にして下さい。
HIVウィルス感染の可能性もありますので、放置は危険です。

関連記事