• ホーム
  • バルトレックスで帯状疱疹を治療

バルトレックスで帯状疱疹を治療

帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスに感染することによる病気です。
身体の左右どちらかに水膨れか赤みが帯状にできることから帯状疱疹という名前が付けられています。
子供のころに感染した水ぼうそうは症状が治まったように見えても、ウイルスは身体の中に残り、神経節で休眠しています。
それが、過労やストレスなどによって身体が弱ってくると、休眠していた水ぼうそうウイルスが活発に動き出して神経を伝わり皮膚に現れることによって帯状疱疹という症状になります。
水ぼうそうは他の人に感染しますが、帯状疱疹は他人には感染しません。
治療方法は抗ヘルペスウイルスという薬を服用することです。

バルトレックスは抗ヘルペスウイルス薬で、水ぼうそうのウイルスが増殖するのを防ぐ役割があります。
根治は難しいため、ウイルスの増殖を抑えることが一番の治療法となるのです。
そのため、症状が出たらなるべく早くバルトレックスを服用し、ウイルスが増えすぎてしまうことを防ぐ必要があります。
発症から5日以内にバルトレックスを服用することにより、ウイルスの増殖が最低限に抑えられるため症状を軽減させることができると言われています。
帯状疱疹は自然治癒しますが、痛みがあったり後遺症が残る可能性があるため、早めに診察を受けてバルトレックスの服用を開始しましょう。

バルトレックスを服用する際には、食後の方が望ましいとされています。
身体への吸収率を高める処理がしてあるため、空腹時に服用すると胃を荒らしてしまう可能性があります。
副作用はあまりないと言われていますが、下痢、めまい、頭痛、吐き気、眠気といった症状が報告されています。
稀にアナフィラキシーショックを起こすことがあるため、少しでもおかしいと感じたらすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

バルトレックスは、病院で処方してもらうことになるため、かなり割高となってしまいます。
そこで、現在では個人輸入代行業者などを利用して海外からバルトレックスを取り寄せるという方法も増えてきています。

関連記事
人気記事一覧